明後日キャラバン日記

2012年の5月25日から5月27日まで天草にて開催される、明後日朝顔会議IN天草のプレイベント。「明後日キャラバン」の旅日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月17日

朝5時、仙台市内のコインパーキング内の車内で起床。

一路、気仙沼を目指す。

気仙沼に行くのは初めての体験。
震災後様々なメディアで目にすることはあっても、実際に被災地に足を運ぶ事は無かったので車内に少し緊張感が高まる。

今回のワークショップは気仙沼の階上中学校仮設住宅というところで行われる。
昨年から明後日朝顔に参加することになった土地。

仮設住宅に住む芳賀さんという家族の方々が昨年は明後日朝顔を育てていたらしい。


しばらくを下道を走ると、海が見えてくる。
松島という標識。
さすがに景色も最高。


しばらく山の中を走り山間を抜けると息をのむ光景。

ここ家があったとこなんじゃ・・・

見ると何軒もの建物の基礎だけ残った状態。
少し高台にある家は普通にたっている。

電車の線路があったであろう場所には土台だけが残っており、線路は無くなっている。

道中、大量の瓦礫が山積みになっている。
行きかう車がトラックの割合が増えてきた。

海沿いの道路は勾配があるのだが、ある一定の高さがあるところ以下は一様に被害を受けている。



車内は一気に言葉を失う。

テレビや写真では分からない、自分の目で見たときのインパクトは想像以上で、ここには人が住んでいたんだと思うと言葉が見つからない。


しかし一方で、海に目をやると穏やかですごく美しい。
ここ南三陸の海は本当に綺麗だ。
この日は天気も良く風も無かったため凪で、海も落ち着いている。

遠くには養殖用の浮きが規則的に並んでおり、漁船も海に出ている。

やはり僕は海育ち。
海やその風景を見ると心が落ち着く。


このあたりで今回のワークショップのお世話をしてくださる里村さんに電話を入れてみる。
里村さんも前日の晩から東京を出発。
この日一緒にワークショップをやることになっていた遠藤一郎さんの「未来へ号」の乗り込み気仙沼の先にある街、大船渡に着いたところらしいのだが、前日ノンストップで車を走らせていたらしく休憩中らしい。

僕等も昨晩は仮眠を取ったくらいだったため、温泉センターを検索。
名前に惹かれ、近くにある「夏虫のお湯っ子」という温泉を目指す。

風呂に入りしばし仮眠。

1時過ぎに気仙沼の階上中学校仮設住宅を目指して出発。

道中、気仙沼港に立ち寄る。
瓦礫がやっと無くなったくらいの状態。

やっと今復興が始まったくらいなんだなぁと痛感。


このくらいの時間から突然の大雨。
会場に着いたころには雷が鳴り出す。

初めて仮設住宅に入るという事と、近くで鳴る雷に少し不安感が。


豪雨のなか兄弟三人で芳賀さんのお宅を訪ねる。
おかぁさんはまだおらず、今家にいるのはおばぁちゃんだけ。

挨拶をして今日のワークショップの舞台である仮設住宅の集会場に案内してもらう。
しばらくして自治会長さんが出迎えてくれる。

この仮設住居のことや震災の話をしてくださる。


ここで里村さんと遠藤一郎さんとあやかさんが合流。


僕等が用意をしていると子供たちが続々と集まってくる。
おかぁさんたちもやってきた。

自治会長さんの申し出で、仮設住居の前で天草ハイヤを披露することに。
しばらくやっていると、音を聞きつけ何人かの人が集まってくる。

だいぶん集まったかなぁというところでワークショップスタート!

最初はヒロト君という小学6年生の子を捕まえて説明開始。
なんかよくわかんないなぁと言いながら野球のボールの型を取ってきた。


今回の気仙沼明後日朝顔メンバーの芳賀マユちゃんも参加してくれる。
型は仮設の壁だった。

この後も何人かの明後日な記憶を取る。
計12人くらい。

このころには天気は快晴に!

遠藤さんの凧に自分の夢を書いて揚げるワークショップにも参加。

このワークショップは凧をいくつにも連ねてみんなで飛ばそうというもの。

最初にヒロト君が代表で凧を揚げることに。
仮設の広場にみんなが並んで凧揚げ。

住民の皆さんも興味津津。

駆け出すヒロト君。

きれいに上がった!

みんな拍手!!!


子どもたちは我先にと凧に殺到!!

みんな笑顔です。。。

ワークショップ終了間際に芳賀さんのお母さんが参加して下さった。
ありがとうございます。

片付け終了後、子供たちが集まってきた。
三男尚宜は子供たちと同じレベルで遊べるので完全に友達になっている。

みんな頑張ってね~
気をつけてね。
と声をかけて下さる。


最後、仮設住宅を離れる前にハルク君という小学校1年生の男の子がずっと手を振ってくれる。

また来てね!というハルク君。

また絶対来るね!と約束。




帰りの車内、元気をもらったのは僕等の方だったなぁと話す。



気仙沼も大船渡もだが、被災地の復興は始まったばかり。
これから僕等になにが出来るか考えさせられた気仙沼でした。

里村さん、遠藤一郎さん、あやかさん。
そして階上中学校仮設住宅のみなさん。

本当にありがとうございました!!!

またお会いしましょう!


さぁ次なる目的地水戸に向けて出発!

それではまた!!!









  1. 2012/05/19(土) 17:09:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月15日~5月16日  莇平~仙台!!!

莇平~仙台



莇平の朝は早い。ワークショップの時間はなんと7時30分。

僕らは朝が苦手だ。
しかしここは兄弟協力でなんとか起床。

今日は第一部と二部に分かれてのワークショプ。
楽しみ。

そして第一部は少し余裕を持って準備が終了。

みなさんを待つことに。



昨日のチラシ配りが効いたのか、7時25分には参加者全員が集合し、7時30分ジャストにワークショップスタート。30分くらいで大体の方がレコード終了。

ここ莇平の集落の方々は、ここで全てが始まったということもあってか、明後日という言葉の意味がわかってらっしゃるのかワークショップ自体とてもスムーズに進む。


グローブの型を取ったり、朝顔の茎の部分を取ったり、たくさんのレコードが集まった。
なかでもよしんのお母さんが取ったレコードすごくかわいかったです。


ワークショップも架橋になってきた所で、莇平の方に『天草ハイヤ』を披露。
緊張。
今回の旅で初めて三兄弟そろったぜ!


皆さんと集合写真をとりワークショップ終了。

かなりいい写真がとれた。これは僕の宝ものです。



ワークショップ終了後、泊まっている『幸七』に戻る。

散歩に行くという話になり、望月君と一緒に散歩出発。




どんどん山に入っていき・・・



完全に山の中で迷子になるという大惨事。なんとか望月君の誘導により無事に生還。

山菜もゲット!!!




望月君本当ありがとう!!



そしてヘトヘトになった僕たちは一度宿舎に戻り休憩。



5時頃から第二部の開催に向けて準備開始!!



第二部は宴会スタイルのワークショップ!



第一部にこれなかった人達や集落の人たちを『幸七』に招いて宴会しながらワークショップをするというただの宴会だろう!と思われてもおかしくないワークショップスタート!



ここでもみなさんの明後日を取る事ができ、宴会でも天草ハイヤを披露。






大地の芸術祭のスタッフ山田さんにも来て頂いた。嬉しいです。。。

おいしいお酒とよしんさんたちが持ってきてくれた山菜の天ぷら、本当にうまかった!!!!!!!

ありがとうございます!!!!!


ちなみに、今回陶器の展示もさせていただく。
幸七のなかにちょこっと置かせてもらう感じだったのだが、
なんと!
この旅一番の売り上げです!

みなさんありがとうございます!!!

僕は飲み過ぎていたみたいで気づいたら朝でした。



本当にごめんなさい。。。



次の日朝から片付けが終了した後、莇平から30分くらいの所にある温泉街に行きほっこり。




それから宿舎に帰り、お世話になった人たちに挨拶に行きいざ気仙沼に向けて出発!!




莇平のみなさん本当にありがとうございました。ひさしさん、望月君。

アテンドありがとうございました。

また会いましょう!!

みなさんのやさしさは世界一だと思います。!

僕等の周りの人間がみんな莇平にあしを運ぶ理由が分かった気がします。

冬に必ずやってきますので!!!!

高速に乗り一路仙台へ!

福島を通過し、仙台に着いたのは12時すぎ。
その後ほんの少し街をぶらぶら。

なか卯で牛丼を食す。


そして兄弟会議の結果今晩は仙台のコインパーキングにて泊まる事に決定。



一人の泊まり賃100円!!節約の旅はまだまだ続きます!!!

明日は朝から気仙沼に向かう!
ドキドキするなぁ。

楽しみです!!!


それではまた!
  1. 2012/05/19(土) 17:06:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月14日金沢~莇平!

朝10時位に起床。
昨晩泊めて頂いた谷口さんの家にて荷物の整理。
食卓のテーブルの上に吉藤さんからのかわいい手紙が置いてある。

そういえば昨日KAPOに置いてあった吉藤さんの木のお盆を買っていた。
手紙共々大事にいたします。

谷口さんはまだ寝てらっしゃったためそのまま出発。
金沢チーム本当にありがとうございます!
また絶対来ますね!

金沢市内を通りぬけ金沢東インターに向かう。
12時過ぎ高速に乗っかり上越インターを目指す。

高速から見える日本海の眺めは素晴らしく、山々にはまだ雪が残っている。




かなり綺麗な景色。
九州とくらべてばかりだが、景色が違うのは言うまでも無く、九州は雪が二月から三月にかけて完全になくなってしまうので驚く。

二時くらいに上越インターに到着。
莇平が近づいてきた!

莇平は明後日朝顔が始まった場所。
明後日新聞社は旧莇平小学校校舎を改装し作った建物。

http://www.asatte.jp/


この新聞社に莇平の集落のお母さん達が朝顔を植えて下さったのがすべての始まり。


そう、莇平は聖地なのです!
胸が高まる。

ちなみに尚宜は3年前の「大地の芸術祭」の時に滞在していたらしい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E3%81%AE%E8%8A%B8%E8%A1%93%E7%A5%AD_%E8%B6%8A%E5%BE%8C%E5%A6%BB%E6%9C%89%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AC

しばらく国道を走ると、ほくほく線まつだい駅に到着。
ここで金澤兄弟の二男、宏紀と待ち合わせ。

駅近くで草間弥生さんのオブジェを発見。。。
うむ。すごいね。


しばらくすると、今回の僕等のお世話をしてくださることになっていた高橋尚志(ヒサシ)さんとお会いする。
そこに現在莇平の幸七(コウヒチ)という屋号のレジデンスに住む、望月君も合流。

ここに宏紀がやってくる事になっていたのでしばし待つ。

3時15分に宏紀到着!

この旅で初めて3兄弟が揃う。

いざ莇平へ!

まつだい駅から15分くらいかけて山道を進む。

莇平は全部で22世帯の集落。
しかもほとんどの家が高橋なので、村の人たちの事を呼ぶ時は屋号もしくは名前かあだ名で呼ぶらしい。



望月君の提案で明日のワークショップの告知と挨拶を兼ねて、22世帯全部を回ろうという事になりチラシを作る。
チラシを作り、あにぃさんの家にプリンターを借りに伺う。

奥さんが出てきてくれ、対応してくれる。
チラシ完成!

22世帯を回る。
皆さん突然やってきた僕たちを温かく迎え入れて下さる。


19時前に全世帯配り終える。

そのあと、ヒサシさんと望月君と金澤3兄弟で温泉へ。
最高です。

身も心もほぐれた後は幸七にてお酒を頂く。
日本酒旨い!

流石米どころ。
水も旨いし米もウマけりゃそれは酒も旨いでしょう。

今回の旅で初めて3兄弟そろったという事で、初めて天草ハイヤを披露。
佑哉(太鼓)、宏紀(三味線)、尚宜(踊り)。

今までは三味線がいなかったためチャンスが無く出来なかったがやれて良かった。

明日のワークショップにてハイヤも披露することになる。
旅芸人みたいだなと思う。


ハイヤは南風と書いてハイヤと読む。
沖縄に行くとハイファナになるらしい。

元々天草の江戸時代に帆船の寄港地として栄えた、熊本県天草市牛深地区の酒宴で歌われた「ハイヤ節」。これが、船乗りたちによって全国に広められたことから、「阿波踊り」や「佐渡おけさ」など、各地で歌い継がれている「ハイヤ節系統民謡」の源流といわれています。「ハイヤ」とは「南風=ハエ」のこと。三味線と太鼓の南国らしい軽快なリズムは、聞く人の高揚感をあおります。

とインターネットに書いてありました。


明日のワークショップは朝7時半からと夜7時半から。
初めての2ステージ。

楽しみ!
チョット早めの開始時刻なので12時くらいの就寝。

明日みんな来てくれるといいなぁと思いながら爆睡。

  1. 2012/05/16(水) 19:06:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月13日金沢!

5月13日
10時に喜多くんが起してくれる。
昨晩、21世紀美術館の平林さんから入場券を頂き、伺う約束をしていたのだ。

一路21世紀美術館へ。
久しぶりに訪れたのだがやはり素晴らしい場所。



館内では様々な企画展が行われていたが、今回どうしても見ておきたかったのは「工芸・未来派」という展示会。
まさに工芸の今を体現する作家たちが勢ぞろい。

並んでいる作品のいくつかは本当に素晴らしく、いい刺激を受ける。

中でも、桑田卓郎さんの作品はかっこよかった。

この桑田卓郎さんは以前天草の丸尾焼工房に滞在し公開制作を行っていた人で、この場所で本人に会ったわけではないが、やってるな。と思い嬉しくなる。

しばし美術館内を鑑賞。

平林さんありがとうございます。

みなさん金沢行った時は是非。。。
http://www.kanazawa21.jp/



12時にKAPOに集合。

一階はカフェ兼ギャラリーになっており、この場所の一角を使わせていただく。
どこからどこまで使っていいか交渉。
ある程度物量の調節をしながら展示。

突然やって来たにも関わらずスペースを頂ける。
ありがたや。

いい感じで並んでいた。



1時から金沢明後日朝顔チームがワークショップを行う日にちょうどぶつかっていたため、少しお手伝いをしながら参加。
2007年から集まった金沢明後日朝顔チームが集合している。

老若男女が集まったチーム。いい感じの人たちです。

今回のワークショップは、それぞれの参加メンバーが自分たちが家で使う植木鉢を作るというもの。
買ってきた植木鉢に色を塗ったり、ツルが巻きつくようにひもを掛けたりと楽しそうです。




三時くらいから明後日レコードをやらせていただく。


昨晩、哲で出会った人が娘さんを連れて来てくれる!
金沢チームもKAPOの方も参加してくださりいいムードの中ワークショップ開始!



今回ワークショップとぶつかるのは初めて。
いつも僕らが滞在している間に色んな人が少しずつ来て参加させてもらうという感じだったので、今回のように一度に説明が終わる環境というのは新鮮。

といっても、あとから続々と色んな人がやってきてくださる。

総勢17名。
様々な型を収集。
自転車のタイヤ、電気のスイッチ、床、車のタイヤ、コンセント等々・・・
みんなそれぞれに思い思いのコメントを書いてくださる。




そして今回のワークショップでトータルちょうど100人目というスペシャルな土地になりました。

太宰府で始まり、舞鶴、岐阜、金沢四か所めぐって100人の方の記憶を記録できたことを思うと万感の思いです。

そして今回、段取り良く事が運んだのも全て喜多くんを始めとする金沢明後日朝顔チームの面々、KAPOのみなさん、出会った全ての方々ありがとうございます!

とても素晴らしいワークショップになりました。

しかも売り上げも過去最高記録!

ちなみにKAPO内でもうちの器を使ってもらえることになりました。。。


今日のランチ、器は丸尾焼で・・・・

と声かけて頂けると使えるかもです!

お近くの方、そうじゃない方も金沢に行かれる際には是非~

終了後、金沢市内の名店、7番餃子へ!





ここのホワイト餃子は絶品舌鼓。



この日の夜も谷口さんの家にお世話になることに。

メンバーの方と呑む。



いろんな話をしました。

喜多くんは今月25、26、27に天草に入られる予定!
今回のもてなしが完ぺきだったので、天草でどんな感じでもてなすか考えないとなぁ。

プレッシャーだぜ!

けどたのしみ!


それではまた!!!
  1. 2012/05/15(火) 12:47:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月12日岐阜~金沢

8時半起床。

長良川の畔にある金華山に向かう。

昨晩鵜飼開きの最中にゆうじ君が山登りコースについて教えてくれていた。
なんでもお勧めは瞑想の小道という山道。

まず、名前がいいじゃないか。

瞑想の小道・・・

瞑想しようじゃないか!



ということで登山開始。

金華山は329メートルあり初心者でも大丈夫そう。
行交う人たちが挨拶をしてくれる。

街中では人とすれ違っても挨拶することなんてほとんどないのにおもろいなぁと思う。
山すげぇ。
7合目くらい位まで差し掛かったころ体に異変が。

辛いです。
瞑想ってこんなに辛いのか・・・

しかし山頂まで来ると最高!



岐阜市内を一望できる展望は一見の価値ありですぞ。


しかしここでハプニング。
二人とも財布を忘れる。二人合わせて36円しかなく、岐阜城から岐阜を見渡し信長気分を味わうという当初の目的が達成出来ず。
しかし足軽気分で見渡す岐阜もなかなか乙です。

下山。

日比野亭に向かい出発の準備。

昨晩みんなで呑んでいるときに日比野さんがゆうじ君に、キャラバン隊と一緒に金沢に行けばどうだ?と持ちかける。
ゆうじくんは野球少年。部活の都合もあるらしかったが半ば強引に誘っていたのだった。

この日部活終わりのゆうじ君と再会。
やはり部活や友人との約束は断れずここでさよならすることに。

またねゆうじ君。また怖い話しようぜ!

ここで岐阜ともお別れ。
岐阜で出会った皆さん本当に感謝です。


一路、金沢へ。
高速で4時間かけて金沢西インターへ。
6時過ぎに金沢市内へ。




金沢明後日朝顔チームの喜多くんと合流。
かなり久しぶりの再会。相変わらずのやんちゃなお兄ちゃんというかんじ。

そのまま明日のワークショップ会場であるアートスペースKAPOへ。
兼六園も近く相当いい場所。
カフェとギャラリーが1階にあり、2階はイベントスペース。
皆さん金沢へ行かれた際は是非。
http://www.kapolog.com/

その後しばらく二人で金沢市内を散策。

再度合流。
喜多くん鯉野さん吉藤さんの明後日朝顔チームと金沢21世紀美術館平林さんと、喜多くん行きつけの居酒屋「狼と煙」で夕飯を頂く。




かなりおいしいご飯。
中でも日本海産のホタルイカ!
これは本当にうまかった。
心遣いありがたや。


前回の滞在は2007年21世紀美術館にて開催された明後日朝顔ホームアンドアウェイの時だから5年前。
お互いの近況を報告。

鯉野さんと吉藤さんは天草に来てくれたことがあり話も弾み盛り上がる。
金沢明後日朝顔チームの仲の良さと、醸し出す空気の良さヤバい。


2件目の金沢のBAR哲にて更に呑む。

この近辺は新宿ゴールデン街のような空気。



小さい店が連なっており期待が高まる。

こっ。。この空気は。。。

大好きです。この感じ。

哲は金沢ではすごく有名なプログレロックバーらしいのだが、色々な有名人も来るらしい。

ここで最初にかかったのは初音ミクのLAでのライブ。
初めてしっかり見たのだが、すごいです。
おもしろかったなぁ。
現実には存在しない虚像を前に踊りまくる観衆はすごかった。


店を出る少し前にかけてくれたピンクフロイドのイタリアでのライブは秀逸でした。
感動。

このあと前回滞在時相当お世話になっていた谷口さんの家に泊めてもらう。


本当に行く先々で良くしていただいてるなぁ。
もしこの旅で出会った皆さんが天草へ来た際にはいいおもてなしをしなくてはと固く誓いながら就寝。


明日はワークショップ!
たのしみだ~。

それではまた!!!


  1. 2012/05/14(月) 14:17:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。